平成30年度 苑田第一病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 12 32 72 91 246 480 708 1470 1385 370
平成30年度(平成30年4月1日から平成31年3月31日)に当院で退院した年齢別患者数を集計しています。
当院では救急車・地域の患者の受け入れを積極的におこなっております。
入院患者は70歳以上が多く、全体の約66%を占めています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx00 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 81 16.99 12.58 19.75 79.12
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む)内視鏡的大腸ポリープ切除術 副傷病名なし 74 2.59 2.67 0 71.61
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 62 24.32 20.92 27.42 83
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む)手術なし 40 1 2.99 0 66
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上)手術なし 手術処置2なし 副傷病なしA-DROPスコア2 36 20.94 15.17 11.11 83.11
内科では尿路感染症の患者が最も多くなっています。
施設入居されている患者や表の通り平均年齢が75歳以上と高齢者が多く、重症化しやすいため2週間を超えての入院が多くなっております。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む)内視鏡的ダイチョウポリープ・粘膜切除術 副傷病なし 81 2.8 2.67 2.47 69.53
060035xx99x60 結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等26あり 副傷病なし 72 3 4.41 2.78 73.82
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 65 9.38 7.75 1.54 64.22
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上)ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 53 7.51 4.96 3.77 71.79
060140xx97x10x い十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの)その他の手術あり 手術・処置等2あり 副傷病なし 37 16.35 21.87 2.7 70.89
外科では、大腸ポリープなどの良性疾患が一番多くなっております。
次に結腸の悪性腫瘍(主に化学療法目的での入院)
大腸憩室出血等の憩室性疾患での入院が多くなっております。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)手術なし 手術処置等1なし 手術処置など24あり 副傷病名なし 181 13.24 16.18 35.91 68.12
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満)手術なし 手術・処置など1なし 手術処置2なし 副傷病名なし 110 14.77 18.72 47.27 71.04
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 103 9.29 7.35 21.36 66.39
010060x2990400 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 92 15.47 20.17 43.48 81.1
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術な等 手術・処置2なし 副傷病なし 80 14.25 11.80 18.75 80.73
脳神経外科では、脳卒中の急性期病変、特に脳梗塞が多くなっています。

次に脳出血が多くなっています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xxx01xxxx 股関節・大腿骨近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 245 20.24 26.30 32.24 79.45
160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり 51 8.27 5.68 3.92 65.33
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷含む)手術なし 副傷病なし 44 9.68 19.61 38.64 78.16
160720xx01xxxx 肩関節周辺の骨折・脱臼 骨折観血的手術 肩甲骨 上腕、大腿等 28 16.00 15.48 10.71 71.79
160740xx01xx0x 肘関節周辺の骨折・脱臼 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕 大腿等 副傷病なし 26 6.54 5.55 0 52.62
整形外科では、外傷での入院が多くを占めています。
大腿骨頚部骨折・転子部骨折で手術をされる患者が最も多くなっています。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置1なし、1.2あり 手術・処置等2なし副傷病なし 55 4.95 4.47 0 68.76
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 46 3.85 3.01 6.52 71.33
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 33 19.67 17.66 6.06 81.76
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1なし、1あり手術・処置等2なし 20 5.75 5.50 10.00 74.35
050030xxx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む)再発性心筋梗塞その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 14 25.00 12.52 0 72.43
循環器科では、経皮的冠動脈ステント留置術・心臓カテーテルでの入院が多くなっています。
救急医学科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒)手術・処置等2なし 副傷病なし 12 2.83 3.56 8.33 51.50
160400xx99x00x 胸郭・横隔膜損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - - - -
160450xx99x00x 肺・胸部気管・気管支損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - - - -
100393xx99xxxx その他の体液・電解質・酸塩基平行障害 手術なし - - - - -
160450xx97x1xx 肺・胸部気管・気管支損傷 その他の手術あり 手術・処置等2あり - - - - -
救急科での入院は薬物中毒での入院が最も多くなっています。
救急の受け入れは24時間体制で行っており、多数の患者の診療をおこなっておりますが、他科での入院となることがほとんどのため、救急科での入院は少なくなっています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 10 - - - - 43 1 7
大腸癌 - 11 15 - - 218 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
初発の5大癌のUICC病期分類別(ステージ)および再発に分類し集計しています。
患者数が10未満は-(ハイフン)で表示しています。
当院では、大腸癌での入院が多くなっています。
再発の患者数は入退院を繰り返して化学療法を行っている患者が多いため患者数が多くなっています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 10 7.7 53
中等症 87 19.09 78.95
重症 45 23.44 83.44
超重症 21 32.76 82.86
不明 - - -
成人市中肺炎の患者数を重症度別に集計したものです。
当院では、中等症の患者がもっとも多くなっております。
重症度が高くなると年齢も高くなり、平均在院日数が長くなっています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 490 16.20 75.38 42.16
その他 - - - -
患者数が10未満は-(ハイフン)で表示しています。
当院では脳梗塞の患者のほとんどが発症から3日以内となっています。
平均年齢も75.38歳と高齢になっています。
急性期後、リハビリ継続のため回復期リハビリ病棟への転院が多く転院率が42.16%となっています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 75 0.83 1.85 1.33 71.79
内科では、内視鏡的大腸ポリープ切除術が最も多く実施されています。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 59 2.10 6.29 0 69.71
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 25 3.12 6.92 12.00 74.88
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 10 0.00 25.70 0 71.00
- - - - - - -
- - - - - - -
循環器科では、狭心症などでの経皮的冠動脈ステント留置術が最も多く実施されています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 110 2.38 5.70 2.73 70.67
K654 内視鏡的消化管止血術 61 0.85 14.95 1.64 71.95
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 54 2.54 8.37 0 62.93
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 36 1.75 5.19 8.33 71.83
K7193 結腸切除術(全切除、亜切除又は悪性腫瘍手術) 24 9.17 24.08 16.67 74.71
外科では、内視鏡的結腸ポリープ切除術が最も多く実施されています。
救急患者を多く受け入れしており緊急での内視鏡下消化管止血術が2番目に多くなっています
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) 156 2.37 15.28 32.05 77.48
K0811 人工骨頭挿入術(肩、股) 115 3.17 16.35 24.35 79.62
K0462 骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨) 71 1.79 9.06 7.04 59.45
K0463 骨折観血的手術(鎖骨、膝蓋骨、手(舟状骨を除く)足、指(手足)その他 42 1.43 10.95 14.29 51.69
K142-4 経皮的椎体形成術 23 7.52 6.65 39.13 79.09
整形外科では、外傷に対しての手術(主に骨折)が多く実施されています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 90 1.01 14.32 18.89 81.36
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) 64 1.03 25.77 46.88 72.02
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 21 8.90 28.24 38.10 67.00
K1642 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) 20 1.35 20.30 35 70.40
K1781 脳血管内手術(1箇所) 16 5.81 27.88 31.25 64.13
脳神経外科では、慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術をが最も多く実施しております。
次の頭蓋内血腫除去術が多くなっています。
救急患者を多く受け入れしており、結果緊急手術が多く実施されています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 11 0.23
180010 敗血症 同一 14 0.29
異なる 40 0.82
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 10 0.21
異なる - -
DIC(播種性血管凝固)・敗血症・その他真菌症・手術処置の合併症の症例数と発生率について、入院の契機病名が同一か異なるかに分類し集計したものです。
患者数が10未満は-(ハイフン)で表示しています。
更新履歴